代表あいさつ

新明一星(臨床心理士・公認心理師・医科学博士)

私は横浜で生まれ育ち、高校卒業後はキリスト教の神学校、米国の大学で学びました。臨床心理士に興味を持ったのは20歳の時でした。資格を取得したのは30代になってからです。この道に進む決心をしたのは、26歳の時に母が突然他界したことがきっかけでした。人生は有限であり、限りある人生をどう生きるか向き合う機会になったのです。

2011年から国立精神・神経医療研究センター(認知行動療法センター)に勤務し、精神科、神経内科での臨床、研究活動をさせていただきました。その中で、医学的な治療で改善がみられない精神疾患、身体疾患の症例を多く経験しました。多くの出会いに恵まれ、モチベーションの高い医師、看護師のみなさんと日々を過ごしました。時間を見つけては話し合い、どのように患者さんを改善に導くか、心理療法をどのように治療に生かしていくかを試行錯誤していく日々は、大変充実したものでした

臨床心理士として活動を始めて5年ほどしたときに、臨床(患者さんと実際に会ってカウンセリングをすること)と研究の道を選択する必要が出てきました。しかしながら、臨床と研究の両立は能力的、時間的に大変に難しいことや、より自分のカウンセリング能力を高め、治療的カウンセリングに従事したいという思いに気づくようになりました。最終的に、2020年に国立精神・神経医療研究センターを辞して、開業したTCBTカウンセリングオフィスにて臨床に集中することを選択しました。

私は、強迫性障害、気分変調症、持続性うつ病の支援経験が多くあります。昨今は、生きにくい、自分がわからない、過度に人に合わせてしまう、突然不安や虚無感に苛まれるなどの問題を抱える方が多く、愛着と心理発達(心の発達に必要な課題があるとされている)を考慮した見立てが重要だと感じます。経験される症状は精神疾患であっても、愛着や心理発達の課題がクリアされていないことが症状になって表出しているケースがあるからです。海外留学の経験により、異文化、英語での対応も可能です。私自身も経験しましたが、異文化での生活は自分の存在意義を問われたり、心の古傷が疼いたりするものです。

新型コロナウイルスにより見通しの立たない状況下ではありますが、多くの患者さん、支援者の方にご利用をいただき、大変感謝しております。これまでの経験を生かし、それぞれの能力やペースに配慮した支援を行なっていますので、気軽にご相談いただければと思います。

プロフィール

  • 臨床心理士、公認心理師、医科学博士
  • 1975年、横浜生まれ
  • Beck Institute, CBT for Depression and Anxiety Level I workshop 修了
  • 厚生労働省認知行動療法研修修了
  • 強迫症の曝露反応妨害法(論文)、パーキンソン病(神経難病)のうつ、不安に対する認知行動療法(論文)、ジストニア 、発声障害の会話療法の研究に従事
  • 特定非営利NPO法人 OCD-Japan スタッフ(TCBTは独立したオフィスです)
  • 武蔵野大学、山梨大学英和大学、人間総合科学大学にて非常勤講師
  • エレクトリックベース歴:18年

学歴・職歴

  • 新潟聖書学院(1997)
  • Temple University. 心理学部卒業 (2006)
  • 駿河台大学大学院 心理学研究科臨床心理学専攻修了 (2011)
  • 山梨大学大学院 医学工学教育総合部博士課程修了 (2015)
  • 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター (2013-2017)
  • 国立精神・神経医療研究センター 脳神経内科 (2018-2020)
  • TCBTカウンセリングオフィス(2018−)
  • 東京都公立学校スクールカウンセラー(2019−)

論文(英語)

  1. Kobayashi K, Sakamoto T, Kazushi M, Shinmei I, Mukai Y, Takahashi Y, Horikoshi M. A pilot study on efficacy and tolerability of cognitive behavioral therapy (CBT-FD) for Japanese patients with focal dystonia. Neurol Clin Neurosci. 2019;00:1–12.
  2. Kokubo N, Yokoi Y, Saitoh Y, Murata M, Maruo K, Takebayashi Y, Shinmei I, Yoshimoto S, Horikoshi M. A new device-aided cognitive function test, User eXperience-Trail Making Test (UX-TMT), sensitively detects neuropsychological performance in patients with dementia and Parkinson’s disease. BMC Psychiatry. 2018;18(1):220.
  3. Shinmei, I, Kanie, A, Kobayashi, Y, Nakayama, N, Takagishi, Y, Iijima, S, Takebayashi, Y, Horikoshi, M. Pilot study of exposure and response prevention for Japanese patients with obsessive-compulsive disorder. Journal of Obsessive-Compulsive and Related Disorders. 2017; 19: 26
  4. Kobayashi, Y, Matsunaga, H, Nakao, T, Kudo, Y, Sakakibara, E, Kanie, A, Nakayama, N, Shinmei, I, Horikoshi, M. The Japanese version of the Family Accommodation Scale for Obsessive-Compulsive Disorder: Psychometric properties and factor analysis. Journal of Obsessive-Compulsive and Related Disorders. 2017; 27: 33
  5. Watanabe, N, Furukawa, T. A, Horikoshi, M, Katsuki, F, Narisawa, T, Kumachi, M, Oe, Y, Shinmei, I, Noguchi, H, Hamazaki, K, Matsuoka, Y. A mindfulness-based stress management program and treatment with omega-3 fatty acids to maintain a healthy mental state in hospital nurses (Happy Nurse Project): study protocol for a randomized controlled trial. Trials. 2015;16:36.
  6. Somemura H, Sasaki N, Horikoshi M, Shinmei I, Nakamura S, Yamamoto M, Kimura R, Isojima M, Takano T, Tanaka K:Effects of Brief Communication Skills Training Workshop on Improving Worker’s Communication Behavior: A Randomized Controlled Traial, Jornal of Community Medicine & Health Education, 2015.5:6
  7. Shinmei, I, Kobayashi, K, Oe, Y, Takagishi, Y, Kanie, A, Ito, M, Takebayashi, Y, Murata, M, Horikoshi, M, Dobkin, R. D. Cognitive behavioral therapy for depression in Japanese Parkinson’s disease patients: a pilot study. Neuropsychiatric disease and treatment. 2016;12:1319-1331.
  8. Sasaki, N, Somemura, H, Nakamura, S, Yamamoto, M, Isojima, M, Shinmei, I, Horikoshi, M, Tanaka, K. Effects of Brief Communication Skills Training for Workers Based on the Principles of Cognitive Behavioral Therapy: A Randomized Controlled Trial. Journal of occupational and environmental medicine. 2017;59(1):61-66.

論文(日本語)

  1. パーキンソン病の認知行動療法. 堀越勝, 新明一星. Progress in medicine 第2号. Vol.34 No.2, 2014.
  2. 認知行動療法が現代医療で果たす役割. 大野裕, 堀越勝, 新明一星, 藤澤大介. 臨床心理学 第13巻第2号, 2013.
  3. うつ病パーフェクトガイド. 掘越勝, 新明一星. 調剤と情報. Vol.19, No.10, 2013.

書籍

  1. 集団認知行動療法の進め方,大野裕・堀越勝監修,田島美幸編,倍風館,2020.
  2. 神経難病リハビリテーション100の叡智 (NanーReha). 寄本 恵輔. gene-books, 2018.
  3. やさしいパーキンソン病の自己管理. 村田美穂編著, 新明一星, 堀越勝. 医療ジャーナル社, 2017.
  4. 家族と取り組む強迫性障害克服ブック. 蟹江絢子, 小林由季, 工藤由香, 新明一星. 金子書房, 2017.
  5. 看護師・コメディカルのための医療心理学入門. 野口普子編著, 新明一星. 金剛出版, 2016.
  6. PTGの可能性と課題. 宅香菜子編著, 伊藤正哉, 中島聡美, 新明一星. 金子出版, 2016.
  7. 曖昧な喪失とトラウマからの回復 行方不明者家族へのケア. Loss, Trauma, and Resilience Pauline Boss. 中島聡美監訳. 誠信書房, 2015.
  8. 支持的精神療法. Introduction to supportive therapy, Arnold Winston. 医学書院, 大野裕監訳, 2015.
  9. 慢性疾患の認知行動療法 アドヒアランスとうつへのアプローチ セラピストガイド. Jeffery S. Gonzalez, Nafisseh Soroudi著, 堀越勝, 安藤哲也監訳. 共訳: 新明一星. 診断と治療社, 2015.
  10. 対人援助のプロセスとスキル: 関係性を通した心の支援 Lawrence M. Brammer, Ginger MacDonald著. 堀越 勝・大江悠樹・新明一星・藤原健志 金子書房, 2011.

講演実績(一部抜粋)

  1. メンタルヘルスと認知行動療法 ~こころに寄り添う対話術~. 稲沢市勤労福祉会館. 愛知県, 2018.
  2. 対応困難者に対するポイント-消費者心理を理解する. 国民生活相談センター. 神奈川, 2018.
  3. 消費者行政職員研修 職員講座. 国民生活相談センター. 徳島, 2018.
  4. メンタルヘルスケアと認知行動療法~ストレスと上手に付き合おう~(自殺対策講演会). 稲沢市勤労福祉会館. 愛知県, 2017.
  5. 自分も人も上手にケアしよう. 長浜市役所. 滋賀, 2017.
  6. 引きこもる家族との関わり方. 志木市健康増進センター. 埼玉, 2017.
  7. 行動医学. 心身健康倶楽部(パーソナルトレーニングジム). 東京, 2017.
  8. 相談員のメンタルヘルス. 栃木県消費生活相談員研修. 栃木, 2017.
  9. 多重債務問題に伴うメンタルヘルスの問題. 国民生活相談センター. 神奈川, 2017.
  10. 強迫性障害を弱める家族の対応ポイント.大阪市立中央会館. 大阪, 2016.
  11. 子供の悲嘆について〜大切な人を失った子供への対応と働きかけについて〜. 埼玉県立精神保健福祉センター. 埼玉県, 2016.
  12. 対抗困難な事例への対応. 公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター. 東京, 2016.
  13. 大声を出す、怒鳴るなどする相談者への対処法. 消費相談員研修. 国民生活相談センター. 東京, 2015.
  14. こころを理解して悩み上手になろう. 大河原町町役場. 宮城県, 2015.
  15. 相談員のメンタルヘルス. 消費相談員研修専門講座研修. 国民生活相談センター. 千葉, 2014.
  16. 相談者心理の理解と相談員のメンタルヘルス. 消費相談員研修. 国民生活相談センター. 大阪, 2014.
  17. 複雑性悲嘆の理解とその対応. 大阪府こころの健康総合センター. 大阪, 2015.
  18. 我慢しない!人間関係 ~コミュニケーションのコツ~. 文京区区役所. 東京, 2015.
  19. 国立精神・神経医療研究センターのCBT症例. 平成25年度CBT-H講演. 北海道, 2013
  20. こころを理解して元気を保つ. 甲州市役所 メンタルヘルス研修. 山梨, 2014.
タイトルとURLをコピーしました