強迫性障害とは?

強迫性障害とは?
強迫性障害の治療がうまくいかない理由
強迫性障害の治療
強迫性障害の再発を防ぐために

強迫性障害(Obsessive Compulsive Disorder: OCD)とは、洗浄、確認、心の中のおまじないなどが過剰となり生活を送ることが困難となる病気です。

専門家は

  • 振り払いたくても振り払えない、不快感や不安をあおる「強迫観念」
  • それを振り払うために決まりきった行動を繰り返し行う「強迫行為」

に症状を分類します。

強迫の形は様々です。

手洗い、持ち物を洗う(拭き取る)、入浴、排便後の拭き取り、アルコール消毒、血液、分泌物、見えない汚れ(ばい菌、放射線などの汚染物質)を洗浄する、付着したものを避ける、戸締りを決まった回数行う、コンロが消えているか黙認、触る、電気を決して確認、頭の中で好きな数字と嫌いな数字を思い浮かべる、嫌いな人を思い出すきっかけを避ける、帰宅時に風呂場にすぐに行く、家族にも入浴させる

など、他にもたくさんあります。

その他にも、

  • Cognitive type: 汚染の拡散や健康被害など、何かを考えて強迫行為をする
  • Motric type: しっくりこない、いつも通りでないことへの違和感が耐え難い

Motric typeがしっくり感を求めることから、just right feeling(ぴったりくる感じ)を過度に追求することが強迫行為となっています。

強迫性障害の原因は、はっきりとはわかっていません。

しかしながら、思春期の葛藤、いじめ、被虐経験、パワハラ、トラウマ、喪失体験などが契機になっていたり、根底の原因となっていることがあります。もともと不安・緊張の高い中で生育し、繰り返しの行動や儀式などで、安定を保っていた方もいます。強いストレスがかかったときに、これらの行動が極端に増えてしまうことが少なくありません。

近年の脳画像研究には、

  • 本来、危険ではない事柄を脳が危険であると誤認したり、過大評価してしまう
  • 行動に関連する脳の抑制がうまく働かない(一度洗浄、確認を始めてしまうと止められない)

など、脳内の情報処理の問題であると指摘するものがあります(眼窩前頭皮質、線条体、視床が関与する)。うつ病などに関連するセロトニン、ドパミンなどの脳内物質の関与も示唆されていますが、はっきりとは解明されていません。

症状を悪化させる心理的要因も少なからずあり、薬物療法だけでは改善しないケースがあります。例えば、他の精神疾患との重複(うつ病、PTSD)、喪失体験、過度なストレス、出産などです。これらのこと発症のきっかけになったり、症状を複雑化させることがあります。家族と同居をしている方は、衝突や生活を円滑化するために、家族が強迫行為をしやすく手伝ったり、生活パターンを合わせること(accomodation=巻き込まれ)が症状の悪化要因として挙げられます。

患者さんの治療意欲は極めて重要なことで、治療の予後を占うと言っても過言ではありません。認知行動療法の治療効果は、他の精神疾患として高いのですが、治療者との相性の悪さ、治療理念の誤解などが理由で脱落する方がいます。一度、脱落してしまうと、治療意欲が著しく低下したり、治療の再開が難しくなります。治療意欲が高まらない場合には、闇雲に取り組んだり、諦めたりせず、その理由が何かを探っていくことが重要です。

強迫性障害とは?
強迫性障害の治療がうまくいかない理由
強迫性障害の治療
強迫性障害の再発を防ぐために

タイトルとURLをコピーしました