強迫性障害の再発を防ぐために

強迫性障害とは?
強迫性障害の治療がうまくいかない理由
強迫性障害の治療
強迫性障害の再発を防ぐために

強迫性障害の再発

強迫性障害の再発、悪化は、残念ながら高確率で生じます。今まで避けていたことに偶発的に向き合うことになったり、人間関係、職業上のトラブル、体調の変化などが引き金になることもあります。このようなアクシデントは、強迫性障害の有無に関わらず、避けることができないのです。ではどうすればよいのでしょうか?ストレスに耐える力を高めるのに必要なのは、安全基地です。あなたが自分を振り返り、問題を分析し、背中を押してくれる関係を持っているひとは、ストレスに耐える力が高いのです。症状が軽減してから、しばらくは感覚を開けてのカウンセリングや、強迫性障害関連の集いに参加されることをお勧めします。

環境療法

強迫性障害が重篤化しやすいのは、主に自宅です。強迫行為・儀式は、ほとんどの場合、特定の場所を必要とします。その環境にいると、自動的に強迫行為・儀式がほぼ自動的に開始されます。この環境に留まりながら、大きな改善を目指すことは、極めて困難です。罹病期間が長い場合、今まで守ってきた聖域を手放すことや、一旦始めてしまった強迫行為・儀式を途中で自力で中断することは不可能と思えるのではないでしょうか。いつかはやめれるだろう、いつかは症状が軽くなるだろうと思われる方もいます。ところが、時間の経過とともに症状は複雑化し、疲弊し、回復への道は遠のいていきます。自分の意思で症状がコントロールできないと感じるのなら、早い段階で支援を得るか、環境を変えて再起を測ることが重要です。入院、別居などで、症状が少なくなる状況を作り、心身ともに休息して、今後のことを考えましょう。疲弊した状態で良い決断をすることはできません。

強迫性障害とは?
強迫性障害の治療がうまくいかない理由
強迫性障害の治療
強迫性障害の再発を防ぐために

タイトルとURLをコピーしました