自己愛性パーソナリティ障害とナルシスト

対人関係・愛着

自己愛性パーソナリティ障害とは?

自己愛性パーソナリティ障害は、優越感や賞賛を得られないことに耐えられず、さまざまな対人関係の障害が起きる状態をいう。自己愛はある程度は必要なもので、それ自体が悪いわけではない。「自分はそこそこに十分」、「そこそこ人にも認めてもらえる」という感覚は誰もが必要としている。ところが、自分を過度に飾り立てたり、人をこき下ろすことで自分の立場を守ろうとする人がいる。会ったばかりの頃は、自信があり、魅力的で、カリスマ的に見える。ところが、付き合いを続けていくと、利用されたり、逆ギレされたりされ、情緒不安定な面も見えてくる。周囲の人は、盲信していくか、離れていくかの二局になる。

ナルシストの由来と行動的特徴

ナルシストとは、ギリシャ神話の中に登場するナルキッソスに由来する。自分の姿に性愛を抱き、自分の優美さに酔いしれたという。ナルシストは幸せそうに見えるが、仮面の下にある弱さに耐えられない脆さがある。本来は、弱みを時々見せることで共感されたり、助けてもらえたりする。言動が自己アピールでしかないことがわかってしまうと、その姿は痛々しくも見えてくる。ナルシストの中には、ひたむきな努力をする人もいる。ところが、一度権力や名声を手にすると、歯止めが効かなくなる。人が意見を言ったり、指摘をすると、劣化の如く反論したり、誤魔化したりするので、従順な人しか周りに残らない。

ナルシストにある生育背景

原因は様々だが、過度な躾や兄弟などとの比較で、非常に傷ついてきた人がいる。特別であることを鎧に批判から身を守るのだ。または、甘やかしと溺愛で、欲求や承認を保留したり、妨げられた経験が乏しい人もいる。人が社会で生きていくためには、多少は否定や拒絶に耐えていく強さを身につけなければならない。ナルシストには、目立つ人と、目立たない人とがいる。話が上手で、一見面倒見がよく、フレンドリーに見えるタイプがいる。付き合いが深くなってくると、本当は無知だったり、根拠がないところが見えてくるので、印象が変わる。目立たない人は、実力差を垣間見たり、優美な自分を保てなくなると身をひいていくタイプだ。引きこもりの背景にも、自己愛の課題が見え隠れすることがある。

ナルシストを家族に持つ人

よくある相談で、人に合わせ過ぎて生じる燃え尽きがある。話を聞くと、両親のいずれかがこの傾向を持っていたりする。会社ではとても良い人、家では家族を罵倒したり、支配したりするので、周囲に気づかれにくい。家族は、その親を荒れさせないために、過度に我慢したり、先回りしたりする。結果的に、非常に過敏な性格になっていく。

ナルシストの周囲にいる人

ナルシストとの関わりに困っている人は、相手を称賛しても、その効果は一時的だと知っておく必要がある。自己愛性パーソナリティ障害という状態であれば、どんなに賞賛しても、その賞賛が貯金されない状態だ。相手が満足しないことに罪悪感を覚えて、疲弊して倒れないことが先決である。ゆとりが無いときは、距離を置いたり、誰かを間に挟んで話をするといい。自己主張が苦手な人が、自己愛の強い人とくっつくことは非序に多い。かなりひどいことをされているのに、不本意であったり疲弊していたりすることに気づかない人がいる。自分の気持ちを話して、本当に喜んでいるのか、無理しているのかを、少しずつ確かめていくと、その人自身の成長につながる。自己主張をすると反論されて罪悪感を植え付けられてしまうことも多いのだが、ナルシストを救うためには、空虚で魅力のない自分に向き合う痛みに共感しつつ、仮面の下の自分に向き合ってもらう必要があり、長期戦を覚悟せざるを得ない。あなたが救う必要はないかもしれないことも覚えておいてほしい(自分は変えられても、相手は変えられない、影響は与えられるが)。

自己愛の課題に気づき変化を望む人へ

自己愛が強い人は、賞賛を失う痛みを通じて、人の痛みに共感できるという成長の理屈をまず理解しよう。弱みに直視した時に、苦しい感覚が自分の行動を支配していることに気づけるとよい。そして、正直になる練習を少しずつしていく。自己愛的であることで生き延びてきた人は、生き方を変えようとするととても苦しい。命がとられるような感覚がするはずだ。少しずつ過去を振り返って、自分自信を特別感と優越感で守ってこなくてはいけなかった背景を知り、少しずつ空っぽな自分、人生の退屈な部分に目を向けていけるようになろう。多く人が同じように虚無感や孤独感を抱いて生きている。自分の小ささ、人生の虚しさに向き合えると、自分と同じ感覚を持っている人と出会った時に一体感が生まれる。実際には、こちらの方が、何倍も穏やかで暖かかったりする。称賛は興奮するが、すぐに色褪せてしまう。賞賛は追い求めると、ますます大きい賞賛が必要でエンドレスなのだ。

タイトルとURLをコピーしました