生きる意味

対人関係・愛着

カウンセリングの中で、生きる意味について模索することがある。恐らくだが、多くの人は生きる意味を考えずに生きている。ところが、自分の存在意義がないという違和感に気づくと、その違和感はなかなか振り払えない。日々を生きる上での無意味感、虚無感、無意味感は、直視すればするほどに大きくなっていく。

生きる意味とは、さまざまな言葉で表現できる。人間関係の中で役割を持っていること、その中で貢献し役に立っているという感覚を持てることかもしれない。自分の才能と特異性を見出し、喜びを見出すことかもしれない。または、スピリチュアルな存在(神、霊、宇宙など)が自分に使命を与え、この世界に招いたという人生観かもしれない。

いずれにしても、生きる意味は1人で見出すことができないものだ。生きる意味を意識するときは、他者との断絶、拒絶の中で起こるからだ。一人でいる方が楽かもしれないし、関係上で傷ついてきたかもしれない。誰かに迷惑をかけたくないと言う声もよく聞く。これは、人の反応に安全感、安心感がいだけないということでもある。

生きる意味が、絶え間なく続く忍耐であったり、支配関係の中に身を潜めることだと言う人もいる。学習性無力感といって、長く苦境の中にいると這い上がることはできないと確信してしまい、解放されるチャンスがあっても手を伸ばさなくなってしまうのだ。このような痛みから解放されるには、小出しに自分の気持ちを表現すること、それでも続く関係を経験することが必要だ。

生きる意味の欠如は、関係性の欠如であり、安心、安全の欠乏ではないだろうか?そして、自分以外の人々は、豊かな生きる意味を持っているはずだと思う人少なくない。実際には、多くの人々がこの生きる意味の欠乏を感じているのだが、それは深く誰かと交わらないとわからないことだ。すぐには変えられなくても、喜んで生きている人を観察すると良い。そして、少しづつその生き方を真似ていくと、生きる意味への渇望から解放されるのではないかと思う。

タイトルとURLをコピーしました