対人関係・愛着

対人関係・愛着

生きる意味がわからない

「生きる意味」について考えたことがあるだろうか?私は精神科で臨床をしてきたこともあり、「生きる意味がわからない」という訴えを数多く聞いてきた。恐らく、多くの人が生きる意味を知らずに日常を送っている。そういう意味では、今の生き方への違和感に...
対人関係・愛着

Noを言う違和感(自他境界線)

度重なる拒絶に傷ついてきたり、感情的になる誰かを宥めてきた人は、相手の要求を断ることに嫌悪感や罪悪感を覚えるかもしれない。もしかすると、自分が我慢したり、先回りして動いてしまった方が楽だったかもしれない。ただ、この生き方には、どこかで限界...
対人関係・愛着

自己愛性パーソナリティ障害とナルシスト

自己愛性パーソナリティ障害とは? 自己愛性パーソナリティ障害は、優越感や賞賛を得られないことに耐えられず、さまざまな対人関係の障害が起きる状態をいう。自己愛はある程度は必要なもので、それ自体が悪いわけではない。「自分はそこそこに十分...
対人関係・愛着

死別にいかに向き合うか?

私が臨床心理士を志した背景には、母との死別があった。母は、家族旅行の途中にくも膜下出血で倒れ、そのまま他界した。当時の私は26歳で、人があっけなく死んでしまう現実に驚愕した。何よりも、当たり前に続くと思っていた日常と関係が突然崩壊すること...
対人関係・愛着

トラウマと対人関係

対人関係で意見を言わなくてはいけなかったり、批判や対立が生じると、途端に絶望的な気持ちになったり、罪悪感を感じたり、思考が停止して何もできなくなってしまう人がいる。本人としては、突然無力化されてしまう感覚であったり、耐え難いような怒りや罪...
対人関係・愛着

夫婦間の自他境界線

親子関係とともに、夫婦関係こそ、自他境界線の混乱が問題化しやすい状況といえる。なぜかと言うと、結婚生活は共有するものが多岐にわたるからだ。自宅、貯金、家事、食事、時間など、その割合は各家庭によって異なるものの、何らかの共有部分が生じること...
対人関係・愛着

親子間の自他境界線

自他境界線とは、人と他人とを別つ境界線を意味している。今回は親子間の自他境界線について書いてみたい。生まれたばかりの時、子供は自他境界線を持っていない。その後の養育者との関わりの中で、自他境界線は形作られていくことになる。誰もがじた境界線...
対人関係・愛着

要求が絶えない人(自他境界線の軽視)

自他境界線とは、人と他人とを分かつ境界線のことである。具体的には、個人的な選択を持って、自他にYesとNoを言うことで自他境界線が作られている。他人と自分とが混同することで、親子関係、夫婦関係、上司との関係に様々な問題が起こる。その中で、...
対人関係・愛着

身体疾患のカウンセリング

前職では、神経内科に所属していたこともあり、さまざまな体の病気で治療している方のカウンセリングを多数行ってきた。パーキンソン病、ジストニア、不随意運動症、多発性硬化症、ALS、慢性疼痛など、通常の治療(薬や外科手術など)で効果が得られず、...
対人関係・愛着

誰も信じられない

誰かを深く信用して裏切られたり、失望したりすることはないだろうか。絶対にこの人は嘘をつかない、浮気をしない、自分を大切にしてくれると信じたのに、その逆の行動を目撃してしまったり、聞いてしまうと、疑心暗鬼になってその人を信じることができなく...
タイトルとURLをコピーしました