強迫性障害

強迫性障害

愛着障害と強迫性障害

近年、うつ病、不安障害、発達障害と診断されて、通常の治療や対象法で改善しないケースが増えていると言われている。そのような中で、愛着障害という概念に目が向けられるようになってきている。愛着障害という言葉からは、その概要がわかりにくく、誤解さ...
強迫性障害

思春期の強迫症:家族はどうしたらいい?

強迫症は、思春期の発症が多く、本人よりも家族からの問い合わせが多い。よくある質問のいくつかをここで紹介してみたいと思う。 強迫行為(儀式、確認、洗浄など)はやめさせた方がいいですか? 家族が合わせている部分、(強迫行為を手伝う...
強迫性障害

子供の強迫性障害

子供の強迫性障害は決して珍しくはなく、10代に発症することが多いとされています。強迫性障害という診断を受ける人もいますが、病気であると気づかずに大人になる人もいます。子供の強迫性障害の症状は以下のような形で表れます。 ● 授業や勉強に集中...
強迫性障害

強迫性障害、病院には行った方が良い?

強迫性障害と言える状態になっても、必要な支援に辿り着かないことは少なくない。時間の経過と共に、確認や洗浄(形はさまざまでこの限りではない)が長時間化、複雑化し、家族との衝突や日常生活への支障を経験して、意を決して支援を求める方もいると思う...
強迫性障害

強迫性障害は完治するのか?

強迫性障害(強迫症)の治療を10年ほど行っているが、「完治するのか?」という質問をよくいただく。我々の視点では、日常生活が送れるレベルであれば障害と言わないので、そこまでは回復し得るとお伝えする。これはあくまで支援者の視点で、当事者、その...
強迫性障害

完治を目指すとうまくいかない現実

病気を呈することは楽なことではない。診断を受け行き先の見えない未来に恐れ慄く、自分の意図しない症状が体に発生する不気味さ、何とかして症状を取り去りたいと思い、原因や治療法を調べ尽くする日々、どれも、症状がもたらす苦悩であると言える。 ...
タイトルとURLをコピーしました