PTSDでお困りのあなたへ

カウンセリングについて

*様々な悩みから生活に支障をきたしている、苦しい思いをしている方が、その人の本来持っている力で、よりその人らしい人生を送れるようお手伝いしています。

*医療や、相談機関等に通ったものの、思うような変化が得られなかった方、また過去のトラウマに辛い思いをされる方に、安心して通っていただけるような場所を提供したいと思っております。

*傾聴するだけではなく、EMDRや認知行動療法など様々な心理療法を用いて、積極的かつ、変化を引き出すカウンセリングを行ってまいります。

EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing:眼球運動による脱感作と再処理)とは、

*アメリカの臨床心理士F・シャピロが1989年に発表した、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に対し大変有効とされている治療方法です。

*自分のペースで進められ、やめたいときにはいつでもやめられます。

*比較的短期間で効果が出やすく、ストレスの少ない療法です。

EMDRの実施方法

*カウンセラーが相談者の前で指を左右に動かし、相談者は一つのトラウマエピソードを頭に思い浮かべながら、カウンセラーの指を眼で追います。

*そのような眼球運動を基本としながら面接を進めていくうち、眼球運動は脳を刺激し、情報処理プロセスを活性化して、心や体の現在の症状が緩和されていきます。さらに、苦痛な記憶からストレスを減らしたり、自分に対する見方が改善されたりします。

*また、眼球を動かす方法だけではなく、音による刺激やタッピングなど他の両側性の刺激を使うこともあり、同様の効果があります。その方に最もふさわしい方法を使用していきます。

EMDRにおける注意事項

*カウンセリングの初回からEMDRを受けることはできません。EMDRを受ける前に、数回の面接が必要です。

*また、EMDRを希望されてもEMDRが適応でない方もおられます。

*治療期間は、数回で終わる方はまれで、しばらく(十数回から数十回)来室して頂く場合がございます。

このような方の問題に対応いたします。

パワハラ・DV・事故など、辛い経験をされ、そのことが頭から離れず繰り返し思い出したり、固まってしまう方。自分が悪いと自分を責めてしまう方、強い不安や恐怖を感じる等で悩む方。

・子供の頃、暴力・いじめ・ネグレクトなどをされて、今現在辛く生きにくさを感じる方。また、自分の子供に対する養育に悩みを抱える方。

・うつ・不安障害・パニック障害・適応障害の方。

・人間関係の悩み(家庭・職場・学校等)。

・気になることがあるとそのことが頭から離れず、ずっとグルグル考えてしまう方。

・腹痛・頭痛・肩こり、不眠などで困っているが、病院で検査しても何もないといわれてしまう方。

セラピストプロフィール

金井郁子

略歴

東京生まれ

信州大学大学院 教育学研究科 学校教育学専攻 臨床心理学専修 2012年 修了

児童相談所・国立精神科病院・スクールカウンセラー・教育相談室を経て

現在、国立精神・神経医療研究センター とメンタルクリニックに所属

資格:臨床心理士・公認心理士

研修

EMDRベーシック研修 2019年修了

厚生労働省認知行動療法研修 2017年終了

Prolonged Exposure Therapy for PTSD 講習会 2017年 修了

趣味

音楽鑑賞

タイトルとURLをコピーしました