issei

強迫性障害

曝露療法が続かない理由

曝露療法とは、強迫行為を停止、ないし中断をして、不安感を意図的に経験する治療である。強迫性障害は、頻回な儀式により、不安や曖昧さに耐える力が衰え、ほんの少しの不安でも儀式を繰り返し、儀式を繰り返している途中でも、不安が強まり停止できない状...
愛着・心理発達

生きにい人に贈る言葉

最近、「生きにくい」という言葉をよく聞くようになった。そもそも生きにくさとは、何であろうか?愛着障害、HSP、アダルトチルドレンなどが、その代名詞になっている気もしないではない。それぞれに定義があるとして、共通することは、通常は心配のない...
愛着・心理発達

愛着障害の克服方法

近年、愛着障害という言葉がよく聞かれるようになってきた。岡田隆司先生が多く書籍を出されたことや、ハーマンが提唱した複雑性PTSDに加え、HSP、アダルトチルドレンなどが、YouTubeやSNS経由で発信されていることもあるのかもしれない。...
愛着・心理発達

自己主張ができるようになりたい

カウンセリンの中で、他人に気を遣ってしまい自己主張ができないという悩みを聞くことがある。精神科では社交不安症と呼ばれたり、最近ではHSPという言葉に置き換えられるだろうか。今回は、自己主張の難しさについて、いくつかの切り口で説明してみたい...
強迫性障害

完璧を目指すと完璧になれない理由

私自身は強迫性障害の臨床をしていることがあるので、完璧主義を話題にすることは多い方ではないかと予想する。個人的には、こだわりや没頭することはあまりないと思っていたが、周囲の評価はかなり違っていた。かなりの面倒くさがりだと自覚しているが、ハ...
強迫性障害

難治性の強迫性障害とは?

近年、うつ病、不安障害、発達障害と診断されて、通常の治療や対象法で改善しないケースが増えていると言われている。そのような中で、愛着障害という概念に目が向けられるようになってきている。愛着障害という言葉からは、その概要がわかりにくく、誤解さ...
強迫性障害

子供の強迫症:家族はどうしたらいい?

強迫症は、思春期の発症が多く、本人よりも家族からの問い合わせが多い。よくある質問のいくつかをここで紹介してみたいと思う。 強迫行為(儀式、確認、洗浄など)はやめさせた方がいいですか? 家族が合わせている部分、(強迫行為を手伝う...
愛着・心理発達

自他境界線の引き方

自他境界線に興味を持つ人は、アダルトチルドレン、HSPに自分が該当する、または、生きにくさや人間関係の辛さに葛藤する方だろうか。パワハラ、モラハラ、カサンドラ症候群などに気づき、書籍などで学ぶうちに自他境界線に気づく人もいることだろう。心...
愛着・心理発達

あなたの努力、報われていますか?

キリスト教の中で育った私は「許し」という言葉を自然に使っていることがある(神は人の罪を赦した(字も違う)という教えなので)。そうでない方にはきっとピンとこないはずで、自責感や怒りを手放すという方がわかりやすいかもしれない。自分を愛すること...
強迫性障害

我が子が強迫性障害になったら?

子供の強迫性障害は決して珍しくはなく、10代に発症することが多いとされています。強迫性障害という診断を受ける人もいますが、病気であると気づかずに大人になる人もいます。子供の強迫性障害の症状は以下のような形で表れます。 ● 授業や勉強に集中...
タイトルとURLをコピーしました