自他境界線

対人関係

いつも苦しい関係を選んでしまう理由

いつも同じような人と付き合い、同じ結末を迎える人がいる。結末とは、関係の破綻であったり、燃え尽きであったり、抑うつであったりする。これは、その人がどこかで身につけた役割を演じてしまうからかもしれない。そんな役割を演じたくはないと思っても、...
対人関係

生きる意味の見つけ方

カウンセリングの中で、生きる意味がわからないという訴えを聞くことがある。日々が充実していたり、忙しい日々を過ごしていたら、生きる意味を自分に問うことはあまりないかもしれない。逆に、心身が疲弊してくると、このようなことを考えることが増える。...
対人関係

誰も信じられない

誰かを深く信用して裏切られたり、失望したりすることはないだろうか。絶対にこの人は嘘をつかない、浮気をしない、自分を大切にしてくれると信じたのに、その逆の行動を目撃してしまったり、聞いてしまうと、疑心暗鬼になってその人を信じることができなく...
対人関係

親子関係と自他境界線(Noが言える、受け取れる)

自他境界線とは、人と他人とを別つ境界線を意味している。今回は親子間の自他境界線について書いてみたい。生まれたばかりの時、子供は自他境界線を持っていない。その後の養育者との関わりの中で、自他境界線は形作られていくことになる。誰もがじた境界線...
対人関係

自他境界線(罪悪感なくNoを言える、傷つかずNoを受け取れる)

自他境界線とは、文字通り人と他人とを隔てる境界線なのだが、自他境界線が曖昧になることで様々な問題が起こる。 大きく分けて2つの反抗期が成長過程にあると言われているが、この反抗期は自分と親との分離を達成させるために必要な時期になる。親...
対人関係

自他境界線の引き方

自他境界線に興味を持つ人は、アダルトチルドレン、HSPに自分が該当する、または、生きにくさや人間関係の辛さに葛藤する方だろうか。パワハラ、モラハラ、カサンドラ症候群などに気づき、書籍などで学ぶうちに自他境界線に気づく人もいることだろう。心...
タイトルとURLをコピーしました