自分がわからない

対人関係

自分が誰かわからない、自分が何を欲しているのかがわからないと悩むことはないだろうか?このような時は、言いようもない空虚感があるものだ。自分の心が見えないと、対人関係、キャリアなどで葛藤しやすくなるかもしれない。燃え尽きや自信のなさの背景には、この心の見えなさが関わっていることがとても多いのだ。

自分の心が見えないのは、スピードメーターがない車に乗っているのに似ている。制限速度内で走っているのか、急ぎ過ぎているかがわからない。どことなく落ち着かないし、自分の感覚だけを頼りにするのは結構疲れるものだ。場合によっては、自分の能力を持て余したり、限界を超えても走り続けることもあるかもしれない。

自分の心が分かるのは能力であり、スキルである。車を例にすれば、時速は1時間に進む距離で算出されるし、車の性能は馬力、燃費、価格で評価される。基準というフィードバックがあるから、車の性能を把握できる。人の心も同じで、誰かに「これがあなたの心だよ」と教えてもらって、自分の心を知るようになる。例えば、あなたはどこで怒りを怒りとして認識するようになっただろうか?

ベビーチェアーに座っている0歳児がいるとしよう。目の前に興味のあるおもちゃがあるのだが、手を伸ばしても届かない。当然、その子供は手を伸ばしながら、ぐずり始めることだろう。その時に、周囲の大人がそれに気づき、「このおもちゃが欲しいのかな?手が届かなくて、嫌だったんだね」と言ってもらえたとしよう。すると、「このぐずりたくなる感覚(恐らくイライラやモヤモヤ)」は、「欲しかった」、「嫌だった」という言葉に置き換えられていく。

心を知る起源は、周囲の大人にラベリングしてもらうことにある。それを繰り返すと、自分だけでもある程度は心を知ることができるようになる。成長していくと、自分の心と周囲の大人との心に隔てがあることも知る。自分がモヤモヤした時に、必ずしも相手がモヤモヤしていないからだ。大人に近づいていくと、自分と親とは違う生き物なので、言葉で説明しないとわからないと悟っていく。その中で、自分の心が何かを知る必要が出てくる。いわゆる愛着とは、このような役割が関係の中で果たされることを言う(安全基地とかと言うと途端に分かりにくくなる)。

残念ながら、周囲の大人にゆとりがないこともある。何かを訴えたら、「しずかにして、どうして私を困らせるの?」と叱責されたり、無視されてしまった人もいることだろう。夫婦関係の不破や病気などがあると、親にゆとりがなくなり、子供は思いを訴える機会を失ってしまう。すると、不快な感覚に名前がつかないため、無理に気づかなかったり、すぐに感情的になってしまったりということが生じる。人間は、不快な感覚に名前をつけ、それを話すことで、感情調節をする生き物であり、相手からのフィードバックと自分の理解とが一致することで安心を得る。

私自身も時々、自分の心がわからなくなることがある。そんな時には、1人になりたかったり、何かに没頭したくなったりするが、あえて誰かと話をするように心がけている。

タイトルとURLをコピーしました